dTV informationいま見たい動画が見つかる情報総合サイト

2022.3.18 金

待望の続編『SING/シング:ネクストステージ』が本日公開!  公開を記念して第1作目『SING/シング』をご紹介!!

『ミニオンズ』などを手掛けるイルミネーションスタジオによる長編アニメーション映画『SING/シング』。

本日3月18日に公開となった第2作『SING/シング:ネクストステージ』をご鑑賞する前に、ぜひdTVで前作をチェックしてみてはいかがでしょうか。



舞台となるのは、人間社会とよく似た、動物だけが暮らす世界。

コアラのバスターが支配人を務める劇場は、かつての栄光を失い、出演者へのギャラの支払いも滞る始末でした。なんとか劇場を建て直すため、バスターはオーディションを開催することを決断します。

ところが、1000ドルの賞金が誤って10万ドルとして告知されてしまったため大騒ぎになり、結局選ばれたのもそれぞれ事情を抱えたメンバーばかり。

10万ドルの用意と公演の準備に走り回るバスターは、果たして劇場を再建することができるのか?


本作の見どころは、なんと言っても字幕版/吹替え版ともに豪華キャスト陣が集結していること。

字幕版では、コアラのバスターを『ダラス・バイヤーズクラブ』のマシュー・マコノヒー、パンクロッカーであるヤマアラシのアッシュを『アベンジャーズ』シリーズのスカーレット・ヨハンソン、盗賊団ボスの息子であるゴリラのジョニーを『キングスマン』のタロン・エガートンなどが務めています。

さらに、そのキャスト陣が劇中で歌唱するのが、レディー・ガガ、ビートルズ、フランク・シナトラなど、誰もが知る新旧ヒット曲。スティーヴィー・ワンダーとアリアナ・グランデのコラボレーションによるオリジナル楽曲「フェイス」も必聴です。


吹替版では、バスター役を内村光良、アッシュ役を長澤まさみが演じているほか、ブタの主婦・ロジータ役に坂本真綾、ストリートミュージシャンのネズミ・マイク役に山寺宏一、バスターの親友のヒツジ・エディ役に宮野真守など、実力派声優陣も集結。

さらに、ジョニー役にスキマスイッチの大橋卓弥、歌手を夢見るゾウのミーナ役にMISHAらアーティスト陣が参加して美しい歌声を披露しています。

コミカルで可愛い動物たちのアニメーションで描かれるライブシーンは必見!

字幕版と吹替版、両方配信中のdTVで聞き比べてみるのもオススメです。



■『SING/シング』

~概要~

『ミニオンズ』『ペット』を生んだユニバーサル・スタジオ&イルミネーションによるCGアニメーション映画。監督・脚本は『リトル・ランボーズ』『ペット2』のガース・ジェニングスが務めた。

~あらすじ~

動物だけが暮らす人間社会と似た世界。取り壊し寸前となった劇場の支配人であるコアラのバスター・ムーン(声:マシュー・マコノヒー)は、劇場を救うために歌のオーディションを開催する。当日、会場に現れたのは、個性溢れる動物たち。貪欲で高慢なハツカネズミのマイク(声:セス・マクファーレン)、ステージ恐怖症の象のミーナ(声:トリー・ケリー)、25匹の子ブタたちの育児に追われる主婦ロジータ(声:リース・ウィザースプーン)……。チャンスを掴もうと、5名の候補枠をめぐって、動物たちは熱唱を繰り広げるが……。

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10018587?campaign=inf100379



コピーライト:(C) 2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.