dTV informationいま見たい動画が見つかる情報総合サイト

2022.4.09 土

『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督作!日米の俳優共演で描く映画『ミッドウェイ』がdTVで配信スタート

『インデペンデンス・デイ』などスペクタクル映画を得意とする巨匠ローランド・エメリッヒ監督が、史実を基に描いた戦争映画『ミッドウェイ』。

日本からは豊川悦司、浅野忠信、國村隼らベテランキャストが出演を果たした今作がdTVで配信スタートいたしました。



テーマとなるのは、太平洋戦争のターニングポイントとなった激戦として知られるミッドウェイ海戦。

1941年の12月7日の真珠湾攻撃から始まり、どんどん激化していく戦争を日米両方の視点で描いていきます。

山本五十六を連合艦隊司令官とする日本軍は、戦争の早期終結のために大戦力を投下。

一方、チェスター・ニミッツを新たな艦隊司令官に迎えたアメリカ海軍は、暗号の傍受など情報戦を駆使して次なる目的地を分析。それは、ハワイ諸島北西のミッドウェイ島でした。

ついに、双方総力をつぎ込んだ未曾有の激突へのカウントダウンが始まるのです。


本作が戦争映画として新しいのは、ローランド・エメリッヒ監督が20年のリサーチを経て、たしかな史実を基に作り上げたところ。

激化する戦いの裏で緻密な情報戦が繰り広げられていたこと、極限状態の中で命を懸けた兵士の判断があったこと、日米ともに司令官が背負う苦悩や兵士たちの犠牲があったことーー。

実在の人物を多数登場させ、その群像劇として構成することで、歴史に新たな解釈をもたらしています。

そして、それらを演じるキャスト陣も超豪華!

米海軍司令長官のニミッツ大将を、『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のウディ・ハレルソン、情報参謀のレイトン少佐を『アクアマン』のパトリック・ウィルソン、敏腕パイロットのマクラスキー少佐に『美女と野獣』のルーク・エヴァンスなど。

日本からは、海軍大将・山本五十六役に豊川悦司、真珠湾攻撃で戦果をあげる南雲中将に國村隼、艦隊司令官の山口少将に浅野忠信らが出演。



陸・海・空すべてで繰り拡げられるド迫力の戦闘シーンも必見の『ミッドウェイ』を、ぜひdTVでチェックしてみてはいかがでしょうか。




■『ミッドウェイ』

~概要~

『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描く戦争スペクタクルヒューマンドラマ。

~あらすじ~

1941年12月7日の日本軍による真珠湾への奇襲攻撃。戦争の早期終結を狙う山本五十六大将(豊川悦司)の命により、山口多聞(浅野忠信)や南雲忠一(國村隼)がアメリカ艦隊に攻撃を仕掛けたのだ。大打撃を受けたアメリカ海軍は、新たな太平洋艦隊司令長官に、兵士の士気高揚に長けたチェスター・ニミッツ(ウディ・ハレルソン)を立てた。両国の一歩も引かない攻防が始まる中、日本本土の爆撃に成功したアメリカ軍の脅威に焦る日本軍は、大戦力を投入した次なる戦いを計画する。真珠湾の反省から、日本軍の暗号解読など情報戦に注力したアメリカ軍。情報部のレイトン少佐(パトリック・ウィルソン)が、次の目的地をミッドウェイと分析、限られた全戦力を集中した逆襲に勝負を賭ける。

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10047762?campaign=inf100416



コピーライト:Midway (C) 2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.