dTV informationいま見たい動画が見つかる情報総合サイト

2022.10.08 土

カンヌ国際映画祭脚本賞ほか、世界各国の映画賞を席巻したフランス映画 『燃ゆる女の肖像』がdTVで配信スタート!

2019年のカンヌ国際映画祭で、脚本賞と、LGBTQ+をテーマにした作品に贈られるクィア・パルム賞の2冠に輝いたセリーヌ・シアマ監督の『燃ゆる女の肖像』。

そのほか世界各国で44もの映画賞受賞&124ノミネートを果たした今作がdTVで配信スタートいたしました。



物語の舞台は、18世紀のフランス。

女流画家のマリアンヌは、ブルターニュの孤島に住む貴婦人から、娘のエロイーズのお見合いのための肖像画の依頼を受けます。

しかし、結婚を拒むエロイーズが前任の画家を追い出したため、マリアンヌは画家という正体を秘めて近づき、隠れて肖像画を描くことに。

なかなか心を開かないエロイーズとともに過ごしながら、マリアンヌは密やかに肖像画を完成させますが、罪悪感に駆られて真実を告白。ショックを受けたエロイーズは、完成した肖像画の出来を否定し、自らモデルになることを申し出ます。

それをきっかけに心を開き、キャンバスを挟んでまっすぐ見つめ合うふたり。

画家とモデルという一線を越えて愛し合うようになりますが、肖像画の完成という別れの時が近づいて……。



デビュー作『水の中のつぼみ』で、早くもセザール賞新人監督作品賞にノミネートしたセリーヌ・シアマ監督。

その長編映画4作目となる今作は、すぐに世界中から高い評価を集めました。

監督の作品の特徴とも言えるのが、こだわり抜かれた美しい映像です。

マリアンヌが屋敷に着くシーンから、ふたりで過ごす海辺の風景、切ないラストシーンまでーー重厚な色味や光の使い方など、一瞬一瞬がルネサンス期の絵画のよう。

その中でゆっくりと惹かれ合うふたりが丁寧に映し出され、美しいシーンの連続に目を奪われるはずです。



マリアンヌを演じるノエミ・メルラン、エロイーズを演じるアデル・エネルは、ともにフランス映画界注目の女優。

女性にとっては制約だらけの時代、限られた時間、閉ざされた世界で情熱的に求め合うふたりを熱演。セリフもBGMも最低限に抑えられ、無音の中に感情を滲ませる繊細な演技に注目です。



現在、セリーヌ・シアマ監督の待望の新作『秘密の森の、その向こう』が公開中!

今改めて話題を集めているセリーヌ監督の傑作『燃ゆる女の肖像』を、是非dTVでチェックしてみてはいかがでしょうか。




■『燃ゆる女の肖像』

~概要~

2019年・第72回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィアパルム賞を受賞した、セリーヌ・シアマ監督によるラブストーリー。

~あらすじ~

画家のマリアンヌ(ノエル・メルラン)はブルターニュの貴婦人から、娘のエロイーズ(アデル・エネル)の見合いのための肖像画を頼まれる。だが、エロイーズ自身は結婚を拒んでいた。身分を隠して近づき、孤島の屋敷で密かに肖像画を完成させたマリアンヌは、真実を知ったエロイーズから絵の出来栄えを否定される。描き直すと決めたマリアンヌに、意外にもモデルになると申し出るエロイーズ。キャンバスをはさんで見つめ合い、美しい島を共に散策し、音楽や文学について語り合ううちに、恋におちる二人。約束の5日後、肖像画はあと一筆で完成となるが、それは別れを意味していたーー。

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10052357?campaign=inf100671



コピーライト:(C) 2019 Lilies Films / Hold-Up Films & Productions / Arte France Cinema