dTV informationいま見たい動画が見つかる情報総合サイト

2022.10.30 日

吉永小百合主演! 松坂桃李、広瀬すずら豪華キャストが集結した ヒューマンドラマ 『いのちの停車場』がdTVで配信スタート

現役の医師である作家・南杏子の同名小説を、『八日目の蝉』の成島出監督が映画化した『いのちの停車場』がdTVで配信スタートいたしました。



本作の主人公は、とある事情で大学病院の救命救急医を辞め、実家の石川県にある小さな診療所「まほろば診療所」で働くことになった医師の白石咲和子。

この咲和子を、意外にも医師役は初となる吉永小百合が演じています。

共演陣にも、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行、小池栄子、石田ゆり子、柳葉敏郎などなど超豪華キャストが集結!

重厚かつユーモア溢れる芝居で、奥深いヒューマンドラマを描いています。



院長の仙川(西田敏行)と看護師の星野(広瀬すず)がきりもりしてきた「まほろば診療所」で行っていたのは、患者一人ひとりの希望に寄り添う在宅医療。

救命救急センターとの違いに戸惑いつつも、咲和子は一緒にさまざまな状況で生きる患者とふれあっていきます。

命を懸けて芸者の道を貫く末期の肺癌患者・寺田智恵子(小池栄子)、妻の介護のため在宅治療を希望する並木徳三郎(泉谷しげる)、懸命に生きる小児癌の少女・若林萌(佐々木みゆ)とその母親・若林祐子(南野陽子)、元高級官僚の末期癌患者・宮島一義(柳葉敏郎)などーー。

それぞれの事情を抱えながら、自らの最期を見据える彼/彼女らとの交流を通して、変化していく咲和子。

そこに、東京からに来た大学病院時代の後輩・野呂聖二(松坂桃李)や、癌を患う咲和子の幼馴染み・中川朋子(石田ゆり子)、咲和子の父親・白石達郎(田中泯)らの物語も加わり、咲和子自身もまた、命に向き合うことに……。



咲和子を軸としながら、個性的な人物たちの人生がオムニバム的に展開していく今作。

豪華キャストの熱演を通して、自分らしく生きるとはなんなのか?を問いかけます。

とはいえ、柔らかな雰囲気で咲和子を演じる吉永小百合を筆頭に、ほっこり和むシーンもたっぷり。

咲和子が「まほろば診療所」で家族のような絆を育む姿に胸が熱くなるはずです。



劇場公開時は緊急事態宣言下だったにもかかわらず、興収10億円を超える大ヒットを記録した『命の停車場』。ぜひ、この機会にお楽しみください。




■『いのちの停車場』

~概要~

現役医師・南杏子が2020年に発表した同名小説を原作に、『八日目の蝉』で日本アカデミー賞・最優秀監督賞を受賞した成島出が監督を務めて映画化。

~あらすじ~

東京の救命救急センターで働いていた、医師・白石咲和子(吉永小百合)は、ある事件の責任をとって退職し、実家の金沢に帰郷する。 これまでひたむきに仕事に取り組んできた咲和子にとっては人生の分岐点。 久々に再会した父(田中泯)と暮らし、触れあいながら「まほろば診療所」で在宅医として再出発をする。

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10059543?campaign=inf100700



コピーライト:(C)2021「いのちの停車場」製作委員会