dTV informationいま見たい動画が見つかる情報総合サイト

2022.12.12 月

『サイコだけど大丈夫』のキム・スヒョン主演! 重厚な法廷サスペンスドラマ『ある日~真実のベール』がdTVで配信スタート

イギリス・BBCのテレビシリーズ『クリミナル・ジャスティス』をリメイクし、『サイコだけど大丈夫』や映画『シークレット・ミッション』などのキム・スヒョンを主演に迎えた韓国ドラマ『ある日~真実のベール』がdTVで配信スタートいたしました。



キム・スヒョンが演じるのは、平凡な大学生のキム・ヒョンス。

ひょんなことからホン・グクファという女性と知り合ったヒョンスは、誘われて彼女の家で酒を飲み、そのまま一夜を共にします。

ところが、翌朝ヒョンスが目を覚ますと、そこには大量の血を流して死亡しているグクファの姿が!

パニックになり逃げたヒョンスでしたが、検問に引っかかって逮捕。完全に殺人事件の容疑者として連行されてしまいます。

そこに現れたのが、軽犯罪だけを扱ってきた三流弁護士のシン・ジュンハン。

ヒョンスを見て興味を持ち、彼の無罪を表明するために動き始めるのですが、さまざまな現実と法制度の壁が立ちはだかり……。


どこにでもいる大学生だった主人公が、突然殺人事件の容疑者となる恐怖、警察での取調べや裁判などで繰り広げられる頭脳戦などなど、リアルな臨場感たっぷりのドラマが展開する今作。

正義とは? 司法とは?という命題が描かれる一方で、「グクファを殺した真犯人は誰なのか?」というサスペンス要素にも引きこまれていきます。

ノワール調の重厚な映像と、手に汗握るシナリオは見応え抜群!

その中で、キム・スヒョンは、自らの無罪を証明するため闘っていくヒョンスを体当たりの演技で熱演。

警察の尋問に耐え、刑務所での逆境に耐え、苦しいなかで仲間を信じ抜く芯の強さを表現しています。

そして、ヒョンスの弁護を請け負う落ちこぼれ弁護士シン・ジュンハンには、『花遊記』などのチャ・スンウォン。

「司法に正義はない」と語るリアリストなジュンハンをやさぐれたムードで演じ、新たな魅力を発揮。ヒョンスと出逢って変化していく姿やふたりの絆にも注目です。

また、刑務所でヒョンスに関わるト・ジテに『悪人伝』のキム・ソンギュ、パク・ドゥシクに『愛の不時着』のヤン・ギョンウォンなど、実力派キャストが繰り広げるエモーショナルな人間ドラマは必見!



果たして、ヒョンスは無罪を勝ち取ることができるのか? 全8話構成というコンパクトさで、イッキ見もオススメの『ある日~真実のベール』を、ぜひdTVでお楽しみください。




■『ある日~真実のベール』

~あらすじ~

どこにでもいるような普通の大学生ヒョンス(キム・スヒョン)は偶然ホン・グクファ(ファン・セオン)と出会い、互いに引かれ、酔って一晩を共に過ごす。目が覚めるとグクファは殺されていて、ヒョンスは殺人事件の容疑者となってしまう。絶望するヒョンスを見た弁護士のシン・ジュンハン(チャ・スンウォン)は、事件の弁護を引き受けることにする。無罪立証のため孤軍奮闘するヒョンス。ヒョンスを信じてはいないが無罪を立証したいシン・ジュンハン。自分が見たことだけを事実とする警察と検察。それぞれの“正義”を守るストーリー。

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10079976?campaign=inf100750


コピーライト:(C)2021. Chorokbaem Media / The Studio M. all rights reserved