dTV informationいま見たい動画が見つかる情報総合サイト

2022.12.25 日

『search/サーチ』の監督・制作チームが贈るサイコスリラー映画 『RUN/ラン』がdTVで配信スタート!

物語がすべてパソコンの画面上で進行していく新感覚サスペンス『search/サーチ』で劇場映画監督デビューを果たし、一躍世界中の注目を集めたアニーシュ・チャガンティ監督。

アニーシュ監督とその制作チームが新たに生み出したサイコスリラー映画 『RUN/ラン』がdTVで配信スタートいたしました。



主人公は、生まれつき慢性の病気を患い、車椅子生活を余儀なくされているクロエ。

母親のダイアンの献身的な介護のもと暮らしていましたが、好奇心旺盛なクロエはいつか自立し、大学に進学することを志していました。

ある時、クロエはいつも自分が飲んでいる薬にダイアンの名前が書かれているのを発見します。

薬をインターネットで調べようとしても家にはインターネット自体が繋がっておらず、不信感を強めたクロエはこっそり抜け出して薬局へ。

薬について尋ねると、なんと人間が服用すると副作用で麻痺が生じる危険な薬であることが発覚!

母親の真意を疑い始めたクロエは家から逃げだそうとしますが、常軌を逸したダイアンに追い詰められていき……。

次々と衝撃の真実が明らかになる中、ダイアンとクロエに隠された秘密とは!?



愛情深い母親と病がちながら健気に生きる娘――という温かな親子の描写から始まり、徐々に狂気的なスリラーへと変貌していく今作。

『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』『オーシャンズ8』などで活躍するサラ・ポールソンが母親のダイアンを、今作が長編映画デビュー作となる新人キーラ・アレンが娘のクロエを演じています。

キーラは、実生活でも車椅子を使用しており、オーディションでその演技を見た監督がクロエ役に抜擢。信じていた母親の裏の顔を知り、必死で立ち向かうクロエの気迫に満ちた熱演は必見です。

そして、何より圧倒的なのが、娘を歪んだ愛情で支配しようとするダイアンを演じるサラ・ポールソンの怪演。

人気ドラマシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』で見せた実力を存分に発揮し、強烈すぎる「毒親」っぷりで観る者を恐怖に陥れます。



『search/サーチ』で評価を得たスリリングなシナリオや緊張感溢れる演出はそのままに、今度はインターネットから隔絶された生身の親子を描いたアニーシュ・チャガンティ監督。

今後が期待される鬼才の話題作『RUN/ラン』を、是非dTVでお楽しみください。



■『RUN/ラン』

~概要~

『search/サーチ』(2018)の成功によって一躍、新世代スリラーの旗手となったアニーシュ・チャガンティ監督が、同じ製作チームと組んで完成させた長編第2作目。

~あらすじ~

ある郊外の一軒家で暮らすクロエ (キーラ・アレン) は、生まれつき慢性の病気を患い、車椅子生活を余儀なくされている。 しかし常に前向きで好奇心旺盛な彼女は、地元の大学への進学を望み、自立しようとしていた。 そんなある日、クロエは自分の体調や食事を管理し、進学の夢も後押ししてくれている母親ダイアンに不信感を抱き始める。 ダイアンが新しい薬と称して差し出す緑色のカプセル。 クロエの懸命な調査により、それは決して人間が服用してはならない薬だったのだ。 なぜ最愛の娘に嘘をつき、危険な薬を飲ませるのか。 そこには恐ろしい真実が隠されていた。 ついにクロエは母親の隔離から逃げようとするが、その行く手には想像を絶する試練と新たな衝撃の真実が待ち受けていた…。

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10059280/?campaign=inf100767


コピーライト:Run (C) 2020 Summit Entertainment, LLC. Artwork & Supplementary Materials (R), TM & (C) 2021 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.